赤シソ酢ジュースの作り方効用健康効果

スポンサーリンク

TOP > スポンサー広告 > title - 赤シソ酢ジュースの作り方効用健康効果TOP > お酢ドリンク > title - 赤シソ酢ジュースの作り方効用健康効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤シソ酢ジュースの作り方効用健康効果

赤シソ酢ジュースの作り方効用健康効果

赤シソ酢ジュースの作り方、効用、健康効果についての紹介。
赤シソジュースを頂いたのですが、美味しかったので自宅で簡単に
作れる赤シソ酢ジュースの作り方を探してみました。


赤シソ酢ジュースのお酢そのものにも、多くの健康効果があります。
お酢はもちろん、シソにも強力な抗酸化力があります。
ダブルの抗酸化力は強力です。


お酢と紫蘇を組み合わせることで、紫蘇の健康効果が加わり
さらに強力な効能を期待できます。


赤シソの赤い色は”アントシアニン”という成分です。
シソは、古くから食用または漢方薬として用いられ、血液や血管の
健康に役立つ効果があるそうです。
  

シソに含まれるポリフェノールにLDL(=悪玉コレステロール)の
酸化を抑制する効果があり、動脈硬化を予防してくれます。
シソの中でも、赤紫蘇がこの効果が一番だそうです。
シソには抗炎症作用があるので、風邪の諸症状を緩和してくれます。


特に赤しそジュースはアントシアニンが豊富で、疲れ目や視力の向上、
アレルギー予防効果や、美肌、整腸、疲労回復、食欲増進、
ダイエット(!)などなどいろんな効能があるようです。


シソのダイエット効果は、シソに含まれるロズマリン酸が血中に糖分が
増えるのを阻止して血糖値の上昇を抑えるとか。
赤シソジュースの作り方を探しておけば、梅干しを作る時、一緒に
赤シソジュースを作るといいようです。


赤シソ酢ジュースの作り方

赤紫蘇でシソ酢ジュースを作るときれいなルビー色になります。

<材料>

・赤シソの葉 1束(葉のみで130g程度)
・酢  500ml
・砂糖 500g


<作り方>

1.赤じその葉を茎からつみ取り水で洗います。
  洗った後、タオルやキッチンペーパーで水気を十分取ります。

2.鍋にお酢を入れ沸騰させないように温めます。
  鍋まわりに少し泡が出始めたら赤シソを入れます。
  煮立てないように注意しながら1分ほど煮出します。

3.鍋を火から下ろし、熱いうちにシソを濾します。
  ざるなどにペーパータオルを敷くと濾しやすいでしょう。

4.濾した汁をもう一度鍋で温めながら、砂糖を溶かします。
  このときも沸騰させないように弱火で行います。

5.砂糖が溶けたら火を止め、自然に冷めるのを待ち、
  保存用の瓶にいれます。


<飲み方>

水やサイダー、炭酸水、焼酎で5~6倍に薄めて飲むととっても美味しいです。
赤紫蘇で作ると赤いルビー色になりますが、青紫蘇で作ると黄色になります。
色は違いますが、どちらもさわやかで飲みやすいです。


赤シソ酢ジュースの保存方法は、冷蔵庫に保存すると約1年は保存することが
可能です。
今年は、畑で採れた赤シソで手作り赤シソ酢ジュースに挑戦したいです。


しそ酢ダイエット


サワードリンクでお酢を楽しむ


紅酢ホンチョダイエットの効果・効能

にほんブログ村 健康ブログ クエン酸健康法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

                           

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
スポンサーリンク
フリーエリア
Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 google bookmarkに追加 はてなブックマークに追加 にほんブログ村 クエン酸健康法人気ブログランキングへ
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。